読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本が大好き!!主婦おだっちのおすすめと、読み聞かせ効果を絶賛するブログ

6歳と1歳の姉妹に読み聞かせて、出会った素晴らしい数々の絵本の紹介と、新たに探し求める主婦のお話

【1歳3ヶ月】創造力が豊かな子供を育てるために、ぜひ読み聞かせたいオススメの絵本(8)

[絵本 子供 読み聞かせ おすすめ 幼児教育] ブログ村キーワード




今回は15ヶ月(1歳3ヶ月)のお子様に、おすすめの絵本を、ご紹介いたします(^o^)v



みなさん、ご存知かもしれないほど、有名な絵本が揃っていますが、もっと深く追求すると、「この絵本、凄いっ!!」って思うかも(*^^*)





かいじゅう ぞろぞろ
サンリード 発行
木曽 秀夫 作


机の上や、引き出しの中にある文房具などが、怪獣として描かれていて、それを人間がやっつけようとしています。

リズム感ある文面と、怪獣の名前が面白い!

絵の人間を見てみると、実に細かく書かれています。

じっくり見てみると、かなり面白いですよ。

でも、「うわっ、この人、大丈夫~?!」って思う人もいますが(^_^;)





ぐりとぐら
福音館書店 発行
中川 李枝子 作
大村 百合子 絵


有名な絵本ですよね!

実の姉妹の作品。
本当に仲が良くて、意気投合しているのが作品から伺えます。


ロングセラーで長年、愛されている絵本なので、もしかしたら、お父さん・お母さんも小さい頃に読んで懐かしいと思われる方もいらっしゃるのでは?

私も読んだ記憶があって、大好きな絵本の一冊でした。

ぐりとぐらが見つけた、大きな卵。

一体、何の卵だったのかなぁ~?

この絵本を元にした、カステラ作りの本も出版されています。
 ↓ ↓ ↓



こんな感じで、まるで絵本と同じような、ふっくらしたカステラが焼けますよ(^_^)v

f:id:shihomaru:20170325005211j:plain
うわぁ~、美味しそう!!


カステラを、お友達みんなで食べるシーン。

「あれっ、この動物、あの絵本にも出ていたよ」って子供が教えてくれました。

ぐりとぐらシリーズ以外にも登場する動物達のお話、他にも読んでみると楽しいですよ(^_^)v



新しい絵本も、もちろん素晴らしいものが沢山ありますが、ぐりとぐらのような昔からあるロングセラーの絵本は、必ず一度は読み聞かせてあげてほしいな、と思います。

時代が変わっても、今も変わらず愛され続けている、そんな絵本…。
 

本当に名作です!!



ぐりとぐらのグッズで必見!!

愛子さまが遊ばれていたのをテレビで放送後、品切れになったほど人気です(^o^)
 ↓ ↓ ↓
ぐりとぐらかるた」






あさえ と ちいさいいもうと
福音館書店 発行
筒井 頼子 さく
林 明子 え


この二人の作品、個人的に凄く好きです(*^^*)

絵も凄く綺麗だし、細かいんですよねぇ~。

登場人物が、他の絵本にも出てくるんですよ。

知っていましたか?



ちなみに、この絵本には続きがあります。

それが、こちらです。
 ↓ ↓ ↓
いもうとの にゅういん



大きくなった、あさえと、妹の、あやちゃんのお話。

あやちゃんが盲腸になり、入院することになりました。

この年で盲腸?!

手術とか、大変だし、何より親としては心配ですよね(T_T)

お姉ちゃんのあさえは、妹に早く元気になってもらうために手紙や折り紙と、あるプレゼントを渡します。

そのプレゼントとは…


自分が大切にしている物を、人にあげる。

この年齢では、なかなか出来ないことですよね。

あさえは素晴らしい!!

お見舞いに来た病院にいた人物。

よく見ると…


いるいる、あの子や、あの人が(>_<)

ほんと奥が深いですよ。

f:id:shihomaru:20170325001855j:plain



話が逸れてしまいましたが、「あさえとちいさいいもうと」も同じです。

一緒に遊んでいた妹が、気づいたら居なくなっていました。

必死に探しに行く、あさえ。

途中、大通りで、あの人も登場!

探している道筋も、たどってみると街の様子が、よく分かります。

辿り着いた公園に居たのは…

またまた、あの子が居ました!

探すと面白いほど見つかります(*^^*)

読む度に、新しい発見がある絵本です!






はらぺこ あおむし
エリック=カール さく
もり ひさし やく


この絵本も言わずと知れた名作です。

お腹を空かせた青虫が、次から次へと色々な物を食べていきます。

こんな物まで食べるの?!


青虫が食べた穴を、うちの娘は二人とも指を突っ込んでしまい、穴が大きくなってしまいました(笑)


青虫➡サナギ➡成虫へと変化する過程も、子供にとっては凄く新鮮だと思います。

私は絵本を読み聞かせる時、いつも最後のチョウチョになったページを、ひらひらさせて飛ばしながら、チョウチョの歌を歌います。


ちなみに、この絵本、色々なバージョンも出ていて、長女がまだ幼稚園に入園する前に、園庭開放で遊びに行った保育園で、はらぺこあおむしの歌バージョンがあるのを知りました。


それが、こちらです。
 ↓ ↓ ↓


 

可愛い、はらぺこあおむしグッズも色々あるので、参考に載せてみました(*^^*)

本当に沢山あるので、選りすぐって…。



次女が生まれた時、お友達から出産祝いでいただきました!
胎内にいる時のエコー写真から、出産、成長する写真を貼れるようになっています(*^^*)
世界で、たった一つのアルバムを作ってみてはいかがですか?
 ↓ ↓ ↓



うわぁ~、こんなの乗ってみたい!!
ゆらゆら揺れて楽しそう(^-^)
 ↓ ↓ ↓



娘が幼稚園の時、冬場のお弁当はアルミのお弁当箱で、保温庫で温めてくれていました。
 ↓ ↓ ↓



面白、可愛い(*^^*)
こんな服装が出来るのも、
たった一瞬です!!
だからこそ、着せてみたいですね。
 ↓ ↓ ↓





次回は16ヶ月(1歳4ヶ月)の子供に、おすすめの絵本を紹介したいと思います。

今回も、ありがとうございました!!



ブロトピ:今日の育児日記