読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本が大好き!!主婦おだっちのおすすめと、読み聞かせ効果を絶賛するブログ

6歳と1歳の姉妹に読み聞かせて、出会った素晴らしい数々の絵本の紹介と、新たに探し求める主婦のお話

【1歳2ヶ月】創造力が豊かな子供を育てるために、ぜひ読み聞かせたいオススメの絵本(7)

[絵本 子供 読み聞かせ おすすめ 幼児教育] ブログ村キーワード




うちの次女は1歳になり、長女は幼稚園を卒園しました!


生まれた時は2500gだったけど、今は8000gにまで大きくなった、1年間。

楽しいこと、嬉しいこと、頑張ったこと、辛かったこと…本当に色々あった3年間。

姉妹、それぞれにとって節目となる、この3月。

大きく、そして元気に育ってくれていることに感謝し、これからの成長を楽しみにしたいと思います(*^^*)
f:id:shihomaru:20170312064005j:plain



今回は14ヶ月(1歳2ヶ月)の子どもに、おすすめの絵本を紹介します。


この時期は離乳食も、ほぼ終わり3食、しっかり食べてくれるお子さんも多いのではないでしょうか?

うちの次女は、9ヶ月から始めた離乳食をモリモリ食べるようになってから、おっぱいも自然と飲まなくなり、わずか11ヶ月で卒乳となりました。

は、早すぎる…(>_<)

ちなみに、長女は2歳半まで飲んでいて、話し合いの末、断乳となりました。

子供一人一人、本当に違うんだなぁ~と、改めて感じました。

上の子がいると、色んな面で良い刺激になるのか、下の子は若干、成長が早いように思います。

絵本の読み聞かせは、長女は4ヶ月、次女は胎教から続けているので二人とも、絵本が大好きな子供に育ってくれているので、親としては大変、嬉しいことだし、続けてきて良かったなぁ~と、しみじみ感じます(^-^)

今後も可能な限り、絵本の読み聞かせは続けていきたいと思います。
f:id:shihomaru:20170312064030p:plain




さて、それでは本題に入らせていただきます!


とらっく とらっく とらっく
福音館書店 発行
渡辺 茂男 さく
山本 忠敬 え


港の倉庫から、街まで荷物を運ぶ話です。

たくさんの種類の車が出てくるので、男の子向けかなっていう感じですが、荷物がどのようにして運ばれるのか、私も勉強になりました。

朝早くから、夜中まで働いている人たちもいる。
家に届いた荷物が、どのように運ばれてくるのか子供たちにとっては興味津々だと思います。

私の主人も、運輸関係の仕事をしているので、いかに早く、安全に荷物を届けるか、ドライバーさんの心情がよく分かりました。




すってんてんぐ
サンリード 発行
木曽 秀夫 さく・え


山頂に住んでいた、天狗さんは人々から御供え物をいただき、不自由なく暮らしていましたが、ある時から、御供え物が来なくなり、どんどん力がなくなって、しまいには人々の願いをかなえてあげられなくなってしまいます。

これでは駄目だ!と天狗さん。
町に働きに出掛けます。

しかし、自慢の鼻が邪魔をして、どの仕事も上手くいきません。

諦めかけたその時!!

天職に巡り会います。



この絵本は、色んなことに挑戦することで、自分に向いていることを発見する、という自分探しの絵本です。

町には色んな職種の仕事がありますが、昔の江戸の話なので現代の子供には、馴染みがないと思いますが、こんな仕事もあるんだよ、と話してあげるといいと思います(^o^)v




にんじん
福音館書店 発行
せな けいこ さく・え


あれっ、この時期に?
と思われるかもしれません(^_^;)

確かに内容としては字数も少ないし、この月例としては簡単すぎる絵本のように感じますが、ご飯を食べるようになった今だからこそ、ぜひ読んでいただきたい絵本です!

人参は離乳食として、ほとんどの方が初期から食べさせている食材ではないでしょうか?

うちの子供たちは、毎日食べていました。

煮ると柔らかく甘くなり、彩りも良いですよね。

しかし食べさせ過ぎると、飽きてしまって食べなくなったり、小さい頃は食べていたのに味覚が発達してきたのか、少し人参臭さに嫌いになったり…


この絵本は、色んな動物が人参を、「あー おいしい」と食べます。

最後に、子供が出てきますが、自分と重ねてみて人参って美味しい!!と思わせるように誘導しています。

絵本を読んで脳に「人参って、美味しい!」と覚えさせましょう(笑)
 
 


どろんこハリー
福音館書店 発行
ジーン・ジオン ぶん
マーガレット・ブロイ・グレアム え
わたなべ しげお やく


黒いブチのある白い犬のハリーが、色んな所で遊んでいるうちに、白いブチのある黒い犬になってしまいます(^_^;)

家出をしたハリーが、家に帰ってきますが家族の人が、誰一人ハリーだと気付いてくれません。

どれだけ、真っ黒になったんでしょうね(笑)


ハリーだよ!と気付いてもらいたくて、嫌いなお風呂に入ります。

すると…

やっと気付いてくれました(^_^)v
よかった、よかった。


絵の色使いはモノトーですが、子供にも馴染みやすい可愛らしい絵と、外国の雰囲気が味わえる絵本です。


ハリーシリーズで、こちらも合わせて読んでみて下さい。
ハリーが海辺で迷子になってしまいます。
無事、家族のもとに戻れるかな…

『うみべのハリー』




掘り出し物がありました!

ハリーグッズ、こんなのがあるんだぁ~(^o^)
知る人ぞ、知るって感じですね。

ハリーのぬいぐるみ、どろんこになるまで可愛がってあげて下さい(笑)
 ↓  ↓  ↓


2枚のカードを合わせると…

あっ、絵本と同じ絵になった‼
 ↓  ↓  ↓





今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました‼

絵本の読み聞かせの重要性を、今後もどんどん発信していきたいと思っているので、どうぞよろしくお願いします(^o^)v

次回は15ヶ月の子供におすすめの絵本を紹介したいと思います!



ブロトピ:今日の育児日記