読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵本が大好き!!主婦おだっちのおすすめと、読み聞かせ効果を絶賛するブログ

6歳と1歳の姉妹に読み聞かせて、出会った素晴らしい数々の絵本の紹介と、新たに探し求める主婦のお話

梅雨の時期に、ぜひ子供に読み聞かせたい絵本は『がまくんとかえるくんシリーズ』がオススメですよ。

もうすぐ、じめじめとした梅雨に入りますね。

 
f:id:shihomaru:20170523012812j:image

 

梅雨といえば雨、雨といえばカエル、カエルといえば…

 

がまくんとかえるくん!!」

 

あれっ、ちょっと無理やり過ぎたかな(^_^;)

 

 

みなさん、「がまくんと、かえるくん」って、ご存知ですか?

 

絵本『がまくんとかえるくん』シリーズに出てくる、青ガエルとガマガエルです。

 

カエル?!うわぁ~、イヤだ(>_<)

って思う人もいるかもしれませんが、がまくんと、かえるくんは、とっても人間っぽくて、親友を大切にする友情で強く結ばれている、とても素敵なカエル達です(*´ω`*)

 

 

そんな、がまくんとかえるくんの絵本シリーズ、どんなものがあるのか、ご紹介いたします。

 

 

《がまくんとかえるくんシリーズの紹介》

アーノルド・ローベル 作

三木 卓 訳

文化出版局 発行

 

がまくんとかえるくんの絵本は全部で4冊あります。

1冊に12ページ前後のお話が5つ書かれています

文章内容としては、長女に2~3歳の頃に読み聞かせていたので、それほど難しくはありません。

一つ一つの文が、短めなのでリズミカルな感じで、読みやすいですよ(^-^)v

 

 

『ふたりは いっしょ』

 

 

  • よていひょう

(あらすじ)

がまくんが、今日することの予定表を書きました。

「朝起きる、朝ご飯を食べる、服を着る、かえるくんの家へ行く、かえるくんとお散歩する、昼ご飯を食べる、お昼寝をする、かえるくんと遊ぶ、晩ご飯を食べる、おねんね」

この予定表を持って、かえるくんの家へ行き、一緒にお散歩をします。

ここまでは予定表の通りだったのですが…

 

突然、強い風が吹いてきて予定表が、吹き飛んでしまいます。

予定表を、かえるくんが追いかけますが、がまくんは追いかけません。

がまくんに、なぜ追いかけないの?と聞くと、「予定表を追いかけるなんて、僕は予定表に書かなかったから」と答えます。

 

予定表をなくして、今日することを思い出せない、がまくんが途方に暮れてしまいます。

がまくん、どうする…?

 

 (おだっちの感想)

ごく普通の一日の流れを書いた予定表ですが、がまくんにとっては必要不可欠、無くてはならないものなんでしょうね。

人それぞれ、物の価値観、考え方が違うように…。

 

 

  • はやく めをだせ

(あらすじ)

かえるくんは、お花がたくさん咲いて素晴らしい庭を持っています。

がまくんも、そんな庭が欲しくなります。

そこで、かえるくんから貰ったお花の種を、自分の庭にまきました。

 

しかし、なかなか芽は出てきません。

がまくんは種に向かって「早く芽を出せ!!」と叫びますが、それを見た、かえるくんが、「種は怖がって大きくなれないんだ」と教えてくれます。

 

そこで、がまくんは種にお話を読んであげたり、歌をうたってあげたり、詩を読んであげたり、音楽を聞かせてあげたりします。

しかし、それでも芽は出ません。

 

どうやったら芽が出るのかな?

 (おだっちの感想)

種を撒いて水をやって、太陽が当たって時間が立てば、自然と芽は出てきますが、がまくんの種への愛着を凄く感じられます。

きっと素敵な花が咲くんでしょうね(*^^*)

 

 

  • クッキー

(あらすじ)

がまくんがクッキーを作りました。

とても美味しく出来たので、かえるくんにも食べさせてあげます。

美味しくて二人とも、次から次へと食べてしまいます。

 

かえるくんが、「これ以上、食べると病気になるよ」と言い、二人とも止めようとします。

クッキーを箱の中に入れて見えなくしたり、高い棚の上に置いて手が届かなくしたり…

 

二人はクッキーを食べるのを止められるのでしょうか?

 

 (おだっちの感想)

二人の意志力の無さに、思わず笑ってしまいますが、それほどまでしても食べたくなるようなクッキーって、どんな味なんでしょうね。

私も食べてみたいな~。

 

 

  • こわく ないやい

(あらすじ)

 がまくんと、かえるくんは一緒に本を読んでいました。

本の中に出てくる人達のように、自分達も何事にも怖がらない勇気があるかどうか、確かめることにしました。

 

高い山に登る途中で、洞穴で大きな蛇に出会い、山崩れに合い、山の頂上で鷹(たか)に襲われそうになる…

 

二人は勇敢に立ち向かえたでしょうか?

 

 (おだっちの感想)

本当は怖いけど、痩せ我慢をしている二人の心情が面白いです。

がまくんと、かえるくんの友情は凄く強いので、いざという時には相手を思い、勇気が出るんじゃないかな…。

 

 

  • がまくんの ゆめ

(あらすじ)

がまくんは眠っている時に、夢を見ました。

 

舞台に立っている、がまくんは素晴らしいピアノの演奏や、綱渡りを上手にこなし、素晴らしいダンスを披露します。

客席で見ている、かえるくんに向かって、がまくんは自慢をしますが、その度に、かえるくんは、どんどん小さくなっていき、しまいには見えなくなってしまいます。

 

かえるくんは、どうなってしまったのでしょうか…

 

 (おだっちの感想)

普段は少しドジなところがある、がまくんですが(そこが、がまくんのイイところ)、やっぱり自分もカッコよくなりたい!!という願望があるんでしょうね。

人に自慢しない、そんな、ありのままの、がまくんが私は大好きです。

 

 

 ふたりは いっしょは、こちらから購入できます。

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本) [ アーノルド・ローベル ]

 

 

 

『ふたりは ともだち』

 

 

  • はるが きた

(あらすじ)

春が来たことが嬉しくて、かえるくんは、がまくんを冬眠から起こしに行きました。

しかし、まだ眠いがまくんは、「5月になったら起こしに来てくれ」と言います。

 

かえるくんが、がまくんの家のカレンダーを見ると11月のままです。

さぁ、かえるくんは、どうやって、がまくんを起こすのでしょうか?

 

 (おだっちの感想)

がまくんが、もう5月が来たの?!とビックリする心情が分かるくらい、笑えるお話です。

かえるくんは、よっぽど春が来たのが嬉しかったんでしょうね。

その後は大丈夫だったのかな…

 

 

  • おはなし

(あらすじ)

病気になりベッドで寝ている、かえるくんは、がまくんに「休んでいる間、何かお話をしてくれないか?」とリクエストします。

がまくんは一生懸命、考えます。

 

家の前を、ぶらぶらしたり、家の中に入り逆立ちをしたり、頭からコップの水をかけたり、壁に頭をドシンドシンとぶつけたり…

 

それでも、お話を思い付かない、がまくんは、どうなったでしょうか?

 

 (おだっちの感想)

一生懸命、お話を考えて色々と、頭を練っている、がまくんの行動が凄いです。

何も、そこまでしなくても…(笑)

 

 

  • なくした ボタン

(あらすじ)

がまくんと、かえるくんは外にお散歩に出掛けます。

 

家に帰ると、がまくんは上着のボタンを一つ、無くしています。

二人はボタンを探しに、散歩してきた道を、もう一度歩きに行きます。

歩いていると、ボタンが落ちています。

しかし、それは、がまくんのボタンではありません。

違うボタンは沢山、落ちているのに、がまくんのボタンは見つかりません。

 

さて、がまくんのボタンは、どこにあったのでしょうか?

 

 (おだっちの感想)

段々と、がまくんが起こってくる心境を、よく表しています。

最後のシーンが、また素敵☆

 

 

  • すいえい

(あらすじ)

がまくんと、かえるくんは川に泳ぎに行きます。

かえるくんが服を脱いでいると、がまくんは岩に隠れて水着を着ています。

水着姿を見られたくない、がまくんは「おかしな格好だから、見ないでね」と言います。

 

すると、亀やトカゲ、ヘビ、とんぼ、のねずみが川にやってきます。

かえるくんは、がまくんの水着姿を見られないように、みんなを追い払おうとしますが、みんなは、がまくんの水着姿を見たくてたまりません。

 

すると、ずっと川に入ったままで体が冷え、風邪を引きそうになった、がまくんが川から上がります。

 

がまくんの水着姿は、どんな感じだったのでしょうか?

 

 (おだっちの感想)

カエルなので普通は水着を着ませんよね。

がまくんは、とってもデリケートなんですね~。

笑ったらいけないけれど…笑えます。

 

 

  • おてがみ

(あらすじ)

がまくんは玄関の前に座り、お手紙が届くのを待っていました。

悲しそうにしている、がまくんに、かえるくんが声をかけると、「一度も、お手紙をもらったことがないんだ。」と話します。

 

そこで、かえるくんは家に戻り、親友のがまくんに手紙を書きます。

その手紙を、カタツムリに渡し、がまくんに届けてもらうように頼みました。

 

二人は、がまくんの家で手紙が届くのを待ちますが、待っても待っても届きません。

 

かえるくんの手紙は無事、がまくんに届くのでしょうか…?

(おだっちの感想)

手紙が届くのを今か、今かと待っている時間。

期待と、悲しみが入り交じった感じが何とも言えません。

かえるくんの優しさが、本当に伝わってきます。

 

 

 ふたりは ともだちは、こちらから購入できます。

ふたりはともだち (ミセスこどもの本) [ アーノルド・ローベル ]

 

 

 

『ふたりは いつも』

 

 

  • そりすべり

(あらすじ)

 雪が沢山降ったので、かえるくんは、がまくんを起こしに行きました。

がまくんに冬支度をさせて二人は、そり滑りに出掛けました。

がまくんが前、かえるくんが後ろに乗って、大きな丘を滑り降ります。

 

しかし、雪の固まりにぶつかり後ろに乗っていた、かえるくんは、すぐに落ちてしまいます。

そうとも知らない、がまくんは一人で(がまくん本人は、かえるくんが後ろに乗っていると信じている)丘を滑り降りることが出来るのでしょうか…?

 

 

(おだっちの感想)

がまくんは、いつも、かえるくんに頼りきっているけれど、がまくんも十分、一人でやりこなせるよ、と思わせるような、がまくんの一面が見れて良かったです(^-^)v

 

 

  • そこの かどまで

(あらすじ)

 雨に濡れた体を乾かす間、かえるくんが、おたまじゃくしくらい小さかった頃の話を、がまくんにしました。

 

かえるくんのお父さんが、「まだ寒いけれど春は、そこのかどまで来ているよ」と教えてくれました。

かえるくんは、早く春が来てほしくて、かどを探しに行きます。

森の小道のかど、草原のかど、川のかど…

かどを曲がってみたけれど、春は見つかりません。

どのかどを曲がったら、春が見つかるかな?

(おだっちの感想)

とても心温まる、お話です。

かどを見つけて曲がる度に、わくわくする、かえるくん。

春を見つけた時の嬉しそうな姿が目に浮かぶようです。

 

 

  • アイスクリーム

(あらすじ)

暑い夏の日、がまくんは、かえるくんとチョコレート・アイスクリームを食べようと買って持って行きます。

しかし途中で、どんどん溶けてしまい…

最後には前が見えなくなってしまいます。

がまくんは無事、かえるくんとアイスクリームを食べることが出来るのでしょうか…?

 

 

(おだっちの感想)

段々とアイスクリームが溶けて、がまくんが大変なことになってしまう姿が笑えます。

でも、かえるくんのために一生懸命な、がまくんの誠意が凄く伝わってくるお話です。

 

 

  • おちば

(あらすじ)

庭に落ち葉が沢山、積もっています。

かえるくんは、がまくんの庭を綺麗にして驚かせてあげようと考えます。

がまくんは、かえるくんの庭を綺麗にして驚かせてあげようと考えます。

二人は違う道を通ってお互いの家に行ったので、出会いませんでした。

二人は、それぞれ落ち葉を綺麗にはいて、山にしました。

お互いに、相手が驚くだろうなぁ~、と思って自分の家に帰りますが…

 

 

(おだっちの感想)

このお話は私が小学生の時に、教科書に載っていて全て暗記しました。

 

お話は結果的に、残念なことになりますが、お互いに、とても満足して幸せな気分になれたのが凄く素敵です。

 

 

  • クリスマス・イブ

(あらすじ)

クリスマスの晩、家でパーティーをするため、がまくんは、かえるくんが来るのを待ちます。

しかし、いつになっても、かえるくんは来ません。

がまくんは心配になります。

かえるくんは穴におっこちたんじゃないか…

森で迷ったんじゃないか…

大きな獣に、おっかけられているんじゃないか…

 

かえるくんが遅れてしまった理由とは?

 

 

(おだっちの感想)

がまくんが、かえるくんを思う気持ちは本当に強く優しく、素晴らしいものだと思います。

二人の友情に感動させられます。

 

 

 ふたりは いつもは、こちらから購入できます。

ふたりはいつも (ミセスこどもの本) [ アーノルド・ローベル ]

 

 

 

 

『ふたりは きょうも』

 

 

  • あした するよ

(あらすじ)

がまくんの家は凄く散らかっていました。

かえるくんが、それを見て色々とアドバイスをしますが、がまくんは「あした するよ」と言います。

果たして、がまくんの家は綺麗になるのでしょうか?

 

 

(おだっちの感想)

がまくんの気持ちが、よく分かります。

確かに、めんどくさいことは後回しにしがちですよね(^_^;)

私も、がまくんを見習わなくっちゃ(笑)

 

 

  • たこ

(あらすじ)

二人は凧上げに出かけました。

かえるくんが糸まきを持ち、がまくんが凧を持って走ります。

しかし、なかなか凧が上手く上がりません。

どうやったら高く上がるのでしょうか?

 

(おだっちの感想)

コマドリ達が一生懸命な二人を見て笑いますが、コマドリ達より凧が高く高く上がった時は、やったぁ~!!って感じですね。

 

 

  • がたがた

(あらすじ)

寒い暗い夜に、かえるくんが、おばけの話を始めました。

かえるくんが小さかった頃、年よりガエルという、恐ろしいおばけに会いました。

がまくんは、かえるくんの話が本当にあった話なのか、作り話なのか分からず、ガタガタ震えました。

 

(おだっちの感想)

このお話、本当にあった話なのか、作り話なのか気になります!!

がまくんは以前、なかなかお話を思いつけなかったけれど、かえるくんは色々と話を考えて凄いな~、と思いました。

 

 

  • ぼうし

(あらすじ)

かえるくんが、がまくんの誕生日に帽子をあげました。

しかし、がまくんには大き過ぎました。

どうやったら、がまくんの頭にピッタリになるのでしょうか。

 

 (おだっちの感想)

がまくんは自分の頭が大きくなった、とばかり思っているところが笑えます。

素敵な誕生日プレゼントを貰って、よかったね、がまくん。

 

 

 

  • ひとりきり

(あらすじ)

かえるくんが、がまくんに「一人きりになりたい」と貼り紙をして、一人で川の真ん中の島に座っていました。

がまくんは、かえるくんに嫌われたと思い込み、今まで迷惑をかけたことを謝りたくて、亀の背中に乗って島に近付きますが…

 

(おだっちの感想)

がまくんと、かえるくんは本当に素晴らしい親友なんだなぁ~、と改めて羨ましくなりました。

これからも二人で仲良く過ごしてね(*^^*)

 

 

 ふたりは きょうもは、こちらから購入できます。

ふたりはきょうも (ミセスこどもの本) [ アーノルド・ローベル ]

 

 

 

 《がまくんとかえるくんグッズ》

 

がまくんと、かえるくんのグッズ、思ったより沢山のグッズがありました!!

そんな中でも選りすぐりを、ご紹介いたします。

 

 

【絵本&絵本雑貨・あす楽対応】大きな「がまくんとかえるくん」ぬいぐるみ★全品ポイントアップ祭!

↑ ↑ ↑

可愛い~(*^^*)

ぬいぐるみがあったんだ!

がまくん、かえるくん好きには、たまらない一品です。

 

 

がまくんとかえるくん レターセット FTA-009 【がまくん】 【かえるくん】 【キャラクターグッズ】 【RCP】

↑ ↑ ↑

親愛なる、あの人に心を込めて書きたくなります。

 

 

iPhone6 iPhone6s ケース がまくんとかえるくん キャラクターiPhone6s 対応 iPhone6s ケース スマホケース iPhoneケース iphone6ケース クリアケース かわいい アイフォン6 キャラクターケース【ネコポス対応】

 ↑ ↑ ↑

がまくんと、かえるくんを知っている人なら絶対、目を引くこと間違いなし!!

 

 

がまくんとかえるくん 晴雨兼用折りたたみ傘 23050 [メール便(ゆうパケット)非対応商品] 【傘】 【かさ】 【日傘】 【がまくん】 【かえるくん】 【キャラクターグッズ】 【RCP】

↑ ↑ ↑

梅雨の時期に、ぜひ持ち歩きたいですね。

 

 

がまくんとかえるくんジャガードバッグ ドクショ

↑ ↑ ↑

ちょっとしたお出かけに、さりげなく…

 

 

 

《がまくんとかえるくん 英語シリーズ》

 

我が家も購入しています(^-^)v

英語の教材として、物凄くオススメです!!

本当に購入してよかった☆☆☆☆☆

 

日本語の、がまくんとかえるくんの絵本を熟読していると、このCDを聞くとビックリするほど英語が分かりますよ~(*≧∀≦*)

 

短文で、単語自体も、それほど難しくないので全く抵抗なく聞けます。

アーノルド・ローベルさん本人が朗読しているので、話の光景が目に浮かぶような話し方で、とっても面白い!!

 

バックミュージックもあり(個人的には、少し音が大き過ぎるような気もしますが…)、カレンダーをめくるシーンは特に分かりやすいです。

がまくんの、いびきは笑えますよ~(*^^*)

 

英語の絵本が4冊と、CD2枚付きです。

単品で買うより、1400円もお得ですよ!!

 

ちなみに、うちの長女は3歳で英語のCDを聞いて「今、がまくんが○○してる」「かえるくんが○○って言ってるね」と英語を完全に理解しているのには驚きでした。

 

少し高いかな、と思ったけれど買って損はありませんでした。

今でも時々、CDを聞いています。

普通に聞くだけでも、とても楽しめるCDですよ(^-^)v

↓ ↓ ↓

 

Frog and Toad Complete Set and CD(がまくんとかえるくん コンプリート4冊セット CD付き)[L2]

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

 

 

がまくんとかえるくんの絵本は国語の教科書にも載るくらい凄く有名な絵本です。

 

ぜひ、お子さまに読み聞かせてあげて下さいね(*^^*)

 

 にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ


福音館書店の作品の中でも大人気を誇る、『わにわにのおふろ』の絵本シリーズについて紹介します。美術館の原画展も見逃せませんよ~!

 

 

長女が、まだ2~3歳だった頃、何度も何度も読んだ絵本の中の一冊に、「わにわに」のシリーズがあります。

 

小風さち 作

山口マオ 絵

福音館書店 発行

 

初めて見た時は、何だかちょっと不気味で怖い感じがしましたが、読んでみると、とても面白く、おじさん風のわにわにに大変、魅了されました(*^^*)

 

版画風の絵が、また短い文章と合っていて、わにわにの魅力を、より引き出させている作品だと思います。

 

 

今回は、そんな「わにわに」のシリーズについて紹介いたします。

 

 

 

《わにわにの誕生》

 

ある日、「伊豆のバナナワニ園でワニの引っ越しがありました」というニュースを目にしたという、作者の小風さちさん。

 

そこで間近に見たワニに感動し、『わにわにのおふろ』が生まれましたそうです。

 
f:id:shihomaru:20170514031354j:image

 

この「わにわに」に命を吹き込んだのは、山口マオさんによる木版画

 

力強い線は、大胆でパワフルな「わにわに」にぴったりですよね(^^)v

 

お二人は本物のワニを何度も見に行きながら、「わにわに」シリーズに取り組まれたそうです。

 

 

 

《わにわにって、どんなワニ?》

 

 ぎょろりとした目に立派な歯。

 

とてもインパクトのある「わにわに」。

 

見た目はちょっと不気味だけど、そんな容姿とは裏腹に、とってもお茶目なところが可愛いです。

 

シャワーをマイクに「うり うり」と歌ったり、フライパンで鶏肉を焼いて「がふっ がふっ」と、かじりついたり、野性感たっぷり!

 

しかし人間と同じように、庶民的でマイペースな生活を満喫しています。 

 

 

 

《わにわにシリーズの紹介》

 

わにわにシリーズは、2004年に発売の「わにわにのおふろ」を筆頭に、現在は5作品あります。

 

 

わにわにのおふろ

 

 

(あらすじ)

ワニのわにわには、お風呂が大好き。

お風呂場にやってきて、「きゅるり きゅるり」と蛇口をひねってお湯を入れ、お気に入りのロボットのおもちゃを浮かべて遊びます。

石鹸のあぶくを飛ばした後は、シャワーをマイクして、「うり うり うり オーイェー」と歌もうたいます。

お風呂から出ると、「ぐにっ ぐにっ ぐなっ」と、ちゃんとタオルで体を拭きます。

 

 

(おだっちの感想)

長女に初めて、わにわにを読み聞かせたのが、この作品でした。

お風呂でシャワーをマイクにして、歌をうたうシーンは、何度読んでも笑えますね。

お風呂上がりに、オレンジジュースを飲んでいるところが、とっても可愛いです(*^^*)

 


こちらから、購入できます。
 ↓ ↓ ↓

 わにわにのおふろ (福音館の幼児絵本*幼児絵本シリーズ) [ 小風さち ]

 

 

 

わにわにのごちそう

 

 

(あらすじ)

お腹を空かせた、ワニのわにわにが台所にやってきます。

冷蔵庫を開けると、そこには美味しそうな肉!

わにわには、エプロンをして肉をフライパンでジュージュー焼き、綺麗にお皿に盛りつけます。

「がふっ がふっ がふっ むちゃ むちゃ むちゃ」と豪快に食べて飲み込みます。

お腹がいっぱいになると、どさりと床に降り、外に出て行き日向ぼっこをします。

ああ、幸せなわにわに。

 

 

(おだっちの感想)

お肉を焼くときに、ちゃんとエプロンをつけるところが面白い(*≧∀≦*)

お肉は、あっという間に完食したけれど、野菜が残ってるよ~。

ちゃんと野菜も食べようね。

でも、そんなところが野性的。

 


こちらから、購入できます。

 ↓ ↓ ↓

 わにわにのごちそう (福音館の幼児絵本*幼児絵本シリーズ) [ 小風さち ]

 

 

 

わにわにのおでかけ

 

 

(あらすじ)

ある夏の夜、ワニのわにわには、なかなか眠れません。

窓を開けると、家の外をぞろぞろと歩く、たくさんの足音が聞こえます。

好奇心を抑えられない、わにわには外へ出て、みんなの後を「ずりずり づづづ」とついていきます。

たいこ橋を渡ると…

何と、そこは大賑わいの縁日ではありませんか!

美味しそうな綿あめ屋さん、お面屋さんなどをのぞいて、金魚屋さんで金魚すくいをします。

ヨーヨーを買って、最後に「どーん!どどーん!」と鳴る大きな花火を見て、ゆっくりと家に帰ります。

わにわにはすっかり眠たくなりました…

 

 

(おだっちの感想)

金魚すくいをするシーンで、「おいで、かわいい きんぎょちゃん」とニヤニヤしている、わにわにが、ワニという肉食系の強い存在と、子供のように楽しんでいるギャップが、とても笑えました。

蒸し暑い真夏の夜を、楽しく過ごして大満足な、わにわに。

どんな夢を見ているのかな…

 


こちらから、購入できます。

 ↓ ↓ ↓

 わにわにのおでかけ / 小風さち 【絵本】

 

 

 

わにわにのおおけが

 

 

(あらすじ)

ある日、紙や糊、ハサミが散乱した部屋で、わにわにが工作を始めます。

ダンボールを、切って折って貼って…。

その時、ハサミで指の先を、ほんの少し切ってしまいました。

「うおぉ!」わにわには慌てて薬を塗り、包帯をぐるぐる巻きます。

「だいじょうぶかな?」もっともっと巻きます。

ぐるぐるぐるぐるぐる。

「よーしよし」見事な包帯姿に満足して、わにわには、また工作にとりかかります。

切って貼って塗って、塗って塗って塗って…。

さて、わにわにが作ったものは何だったでしょう?!

 

 

(おだっちの感想)

ほんのちょっとの血が出たくらいで、大袈裟に驚く、わにわに。

ワニの強いイメージが台無し?

でも、そこが、わにわにの面白いところです(^^)v

包帯を巻くシーンでは、ページをめくる度に、どんどん大きくなっていくのが笑えます。

 

こちらから、購入できます。

 ↓ ↓ ↓

 わにわにのおおけが (福音館の幼児絵本*幼児絵本シリーズ) [ 小風さち ]

 

 

 

わにわにと あかわに

 

 

(あらすじ)

 家の中は静かです。

居眠りしていた、わにわには目を覚ますと「ずるずりずるずり」と廊下を歩きます。

すると、「クィ…」となく声が聞こえました。

現れたのは小さな赤いわに。

わにわにが台所へ行くと、あかわにも「カシャ カシャ」と後をついてきます。

あかわににもプリンをあげたあと、また、わにわにの後をついて、あかわにもお風呂へ行きます。

水をためて一緒にもぐり、お風呂から上がって並んで体を拭いたあとは、縁側で日向ぼっこをします。

 


(おだっちの感想)

いつも一人で、自由気ままに生活している、わにわにですが、やっぱり一人は淋しかったのかな。

あかわにという友達が出来て、一緒に遊んだりして楽しそう(*^^*)

よかったね、わにわに!

 

 

こちらから、購入できます。

 ↓ ↓ ↓

 わにわにとあかわに (幼児絵本シリーズ) [ 小風さち ]

 

 

 

《わにわにのグッズ》

大人気の「わにわに」がかるたになりました!

絵本でおなじみの名場面、思わず口ずさみたくなる名フレーズの他に、わにわにの日常にありそうな光景が、リズミカルでユーモアあふれる楽しい言葉と、新たに描き下ろした絵札も含まれる素朴で温かみのある絵で描かれています。

絵本とはまた違う、わにわにの世界をさらに、お楽しみください。

 

わにわにのかるた (あそびのこばこ) [ 小風さち ]

 

わにわにの絵本が大好き!というお子さんも、絵本と一緒に楽しめそうですね(*^^*)

新たに書き降ろされた、わにわにの絵、気になりますね~!

 

 

 

《絵本原画展 わにわにの館》

 

 広島県にある、「はつかいち美術ギャラリー」では今月の28日まで、『山口マオ絵本原画展 わにわにの館』が開催されています。

会場には原画約120点が展示されています。

絵本を見たり、「わにわに」のかるたで遊べたりするコーナーもあるそうですよ(^-^)v

お近くの方は、ぜひ行ってみて下さいね!

 まだ間に合いますよ~。

 

詳細は、こちらです。

 ↓ ↓ ↓

http://www.hatsukaichi-csa.net/cms/gallery/2017/03/post-43.html

 

 チケットの購入は、こちらから、どうぞ。

  •  チケットぴあ

http://md-ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1708036&rlsCd=001&lotRlsCd=

 

http://l-tike.com/order/?gLcode=63031&gPfKey=20170214000000122219&gEntryMthd=01&gScheduleNo=1&gCarrierCd=22,20,21,23&gPfName=山口マオ絵本原画展 わにわにの館&gBaseVenueCd=65347

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました‼

どうでしたでしょうか?

ご覧になり、もしも少しでも参考になった、と思われる方はポチッとしていただけると、凄く嬉しいです(*^^*)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ

 

また、ご意見・ご感想などもいただけたら、さらに嬉しいです(///ω///)♪

 

 

今が旬の空豆が主人公になっている絵本、『そらまめくんのシリーズ』を徹底的に追究しました!新作も近日中に発売されますよ~!!

だんだん夏らしくなり、汗ばむ日も出てきましたね。

 

ところで、今が旬な野菜といえば…

 

そう、『空豆』です!

 
f:id:shihomaru:20170510045733j:image

 

 

《空豆について》

 

塩ゆですると、ホクホクして、とっても美味しいですよね(*^^*)

お酒を飲まれる方は、ビールのおつまみに最適なのでは?

 

「空豆が食べたくなってきたぁ~!!」という方は、こちらから、どうぞ(^-^)v

特売【送料無料 箱売 消費税込】鹿児島県産他 そらまめ 約2kg(サヤ付)1箱(業務用 空豆 ソラマメ そら豆 ソラ豆)上越フルーツ

 

空豆のさやは、まだ身が小さい時は、下を向いていますが、食べ頃になると空を仰ぐように上を向きます

 
f:id:shihomaru:20170510045802j:image

 

だから空豆っていうんですね。

 

 

空豆は、大きめのさやの中に豆が2~4個入っていて、その豆が未熟なうちに食べるものがスーパー等に並んでいます。

 
f:id:shihomaru:20170510045828j:image

 

豆が完熟したものは種実用として乾燥させ、おたふく豆や煮豆などに加工されます。

 

【 業務用 】フライビーンズ 800g で1000円!空豆 揚げ豆 ナッツ 花豆 そら豆 おつまみ 珍味【コンビニ受取対応商品】

 

 

しょうゆ豆 200g×2袋 保存料・化学調味料一切不使用 本場直送 讃岐の味 香川県の伝統 郷土料理 ほっこりと癒される お手軽なお惣菜です そら豆 空豆 お試し 送料無料 メール便

 

 

ちなみに、豆の爪の黒い部分を「お歯黒」と呼び、これは熟度の目安にもなっています。

旬の出始めは色が薄めですが、時期が終わりに近づくと黒いのものが多くなるみたいですよ。

知らなかったなぁ~(^^)


f:id:shihomaru:20170510045903j:image

 

 

 

そんな今が旬の野菜、空豆が絵本になっているのを、みなさんは、ご存じですか?

 

それは…

 

そらまめくんシリーズ

 

 なかや みわ 作

福音館書店小学館 発行

 

 

そらまめくんのシリーズは、絵がとっても綺麗で、色鉛筆風の優しいタッチと、細かさが私は、と~っても大好きです(*^^*)

 

もちろん、お話も大好きです!

 

自分の、ふわふわベッドがお気に入りで、優しくて、のんびりとした、そらまめくん。

 

ほんと、空豆のさやの中の毛って、とっても、ふわふわで気持ちがいいですよね(*´ω`*)


f:id:shihomaru:20170510051241j:image

 

私も、そらまめくんのベッドで寝てみたい(笑)

 

 

 

《そらまめくんシリーズの紹介》

 

そらまめくんシリーズで、発刊の古いものから紹介していきます。

最新作が、もうすぐ発売になるので、こちらも見逃せませんよ!!

 

そらまめくんのベッド

 

 

1999年に発行されています。

なので、そらまめくんシリーズは、まだまだ新しい絵本ですよね。

 

しかし、発行当初より、大変人気で本屋さんに行けば必ずと言っていいほど、店頭に並んでいるくらいです。

 

だから、一度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

 

そらまめくんの宝物は、雲のようにふわふわで、綿のように柔らかいベッド。

だから誰にも貸してあげません。

ある日、その大事なベッドが突然無くなってしまったから、さあ大変!

そらまめくんは必死でベッドを探しますが、どこにもありません。

ところが、やっと見つけたベッドには、うずらが卵を生んで温めていたのです。

さて、そらまめくんは……。

 

うずらが、そらまめくんのベッドに、「どしーん」と座っているのを見つけた、そらまめくんが、「わっ!」と驚くシーンで私は、いつも娘に読み聞かせる時にタイミングをずらしたり、面白くして驚かせています(笑)

 


こちらから、購入できます。

↓ ↓ ↓

 そらまめくんのベッド (こどものとも絵本) [ なかやみわ ]

 

 

 

そらまめくんと めだかのこ

 

 

そらまめくんたちが雨上がり、広場にできた水たまりで遊んでいると、迷子のめだかのこに会いました。

何とかして、めだかのこをもとの小川まで帰してあげようと、そらまめくんたちは、知恵を絞ります。

そして、ベッドの中に水を入れて、めだかのこを運んであげることを思いつきます。

さて、誰のベッドで運んだと思いますか…?

それは、一番大きくて、水もたっぷり入るそらまめくんのベッドでした。

濡らしたくないと言っていたそらまめくんも、めだかのこのために一肌脱いだのです。やるね! そらまめくん!

 

そらまめくんが、ピーナッツくんと一緒に水たまりの中で見た世界は、絵の表現がとても綺麗で素敵で、凄く大好きです(*^^*)

 

 

こちらから、購入できます。

 ↓ ↓ ↓

 そらまめくんとめだかのこ (こどものとも傑作集) [ なかやみわ ]

 

 

 

そらまめくんの ぼくのいちにち

 

 

そらまめくんが愉快な仲間たちと一緒に楽しく過ごす1日を描き、その世界観・キャラクターの魅力がとても良く伝わる1冊になっています。

1枚1枚の絵がとても愛くるしく、また1日の中で色々なことが起こる展開の楽しさや、読後にホッと安心できる構成など、お子さんへの読み聞かせにもぴったりの作品です。

 

そらまめくんの可愛いシールも付いていますよ(^^)v

 

こちらから、購入できます。

 ↓ ↓ ↓

そらまめくんのぼくのいちにち [ なかやみわ ]

 

 

 

あそびにおいでよ そらまめくんのおうち

 

 

 はっぱのブランコ、それぞれのキャラクターのおうちやベッドなどで楽しく遊べる、しかけ絵本です。

 

各キャラクターの立体人形・ミニ絵本つき。

 

 

 開くと絵本の中から、そらまめくんたちが飛び出してきます。

 

小さい子は、とても喜びますよ(*^^*)

 

 

こちらから、購入できます。
 ↓ ↓ ↓

あそびにおいでよそらまめくんのおうち (たのしいしかけえほん) [ なかやみわ ]

 

 

 

そらまめくんと ながいながいまめ

 

 

 そらまめくんの仲間たちは、草むらに長いものがあるのを見つけました。

それは“さんじゃくまめ”という長い長い豆のさやのベッドでした。

さんじゃくまめの兄弟と、そらまめくんたちは、ベッドの自慢合戦を始めましたが、それなら比べっこしようということになり、丘を滑り降りたり、池を横切ったり、競走をします。

ところがさんじゃくまめの末っ子が池に落ちてしまい……。

 

発売当初は、さんじゃくまめの種(豆)が実際に付いていたそうなのですが、それは初耳でした!!

みなさん、ご存じでしたか?

 

ちなみに、この「さんじゃくまめ」、知らべてみると、さんじゃくまめという豆は存在しないみたいですが、たぶん、この豆だろうというのが、これ。

 

「三尺ささげ」という豆。

 

見た目はインゲン豆のようで、すだれのように長く長く垂れ下がるのが特徴です。

30cm以上になり、長いもので1m近くになる…つまり三尺です(^^)v


f:id:shihomaru:20170510064004j:image

 

 赤茶っぽい小さめの豆で、長いさやの中に豆が8粒ほど入っています。


f:id:shihomaru:20170510064023j:image

 

調べとみると、本当に絵本と同じような豆があって面白いなぁ~(*^^*)

私も豆を育てたくなりました!!

 

もし、私と同じような気持ちになった方のために、参考として、三尺ささげの種を載せてみました。

 

三尺ささげ 種子 品番1561

 

お子さんと一緒に育ててみて、そらまめくんの絵本に出てくる、お友達と比べてみると面白そうですよね~(*≧∀≦*)

 

ピーナッツが土の中で作られるなんて、恥ずかしながら絵本から学びました(^_^;)

 

 

 絵本は、こちらから、購入できます。

 ↓ ↓ ↓

そらまめくんとながいながいまめ [ なかやみわ ]

 

 

 

そらまめくんの あたらしいベッド

 

 

最近、そらまめくんのベッドが何だか、ふわふわじゃなくて、ぺちゃんとして元気がありません。

えだまめくんに、「わたのき」があることを聞きました。

そらまめくんは新しいベッドを探すために、旅に出ます。

 

途中、めだかのこに会い、「わたのき」を小川の向こうで見かけた教えてくれます。

この「わたのき」は、きっと「綿花」でしょうね。

確かに綿花は、ふわふわの綿をつけます。

f:id:shihomaru:20170511014618j:image

 

ベッドが以前のように、ふわふわになり、みんなの所に戻ってきた、そらまめくんは、ちょっぴり大人になりました!

新しいお友達も出来ましたね。

 


ベッドに入った、そらまめくんが折れる、可愛い折り紙付きです!!



 こちらから、購入できます。

 ↓ ↓ ↓

そらまめくんのあたらしいベッド [ なかやみわ ]

 

 

 

そらまめくんの はらっぱあそび

 

 

待望の新作が、5/25発売予定です!

野原で見つけられる花や葉っぱを使って、楽しい遊びの工夫を、そらまめくんと一緒に楽しめる内容です。

絵本を読み終わったら、すぐにでも本を持って、外に出かけたくなること間違いなし。

親子で楽しめるはらっぱあそびも満載です。

園や小学校、家庭でも活用できる野遊びの手本本としても活用できます。

笹の葉を使った茶碗やコップ、花の巻き寿司、えのころぐさの毛虫など世代を超えて楽しめる内容が満載です。

 

こちらから、予約受付ができます。

 ↓ ↓ ↓

そらまめくんの はらっぱあそび [ なかや みわ ]

 

 

 

《そらまめくんグッズを紹介》

 

「そらまめくんから おめでとう」

 

そらまめくんからおめでとう [ なかやみわ ]

 

 写真が貼れるバースデーブックです。

「ご入園」や「ご入学」、「お誕生日」などの大事な想い出を、そらまめくんたちと一緒に残すことのできる1冊で、特別なメッセージシールなども8枚付いています。

ご自分で記念に残して楽しむもよし、大切なお友達やお孫さんに、メッセージを書き添えて差し上げても喜ばれる逸品です!

 

 (購入者の方のお話)

 立体的になっていて記念の一冊になりそう。

 

 

「そらまめくんの、ぬいぐるみ」

【送料無料】そらまめくん ぬいぐるみS 高さ13cm

 

( 購入者の方のお話)

お人形があると知らず、見つけた時にはこのサイズしかありませんでしたが、豆は小さいものなので、小さめのサイズでもとってもかわいらしかったです(^-^)
息子も大変喜んでいました。

 

 

「そらまめくんのポシェット」

そらまめくんのあたらしいベッド オリジナルパスケースつきポシェットセット ([バラエティ]) [ なかやみわ ]

 

 ぬいぐるみみたいに、ふわふわですよ。

中身は、こんな感じです。

 

(購入者の方のお話)

そらまめくんのポシェットはとってもかわいかったです。

 

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ランキングにも参加しているので、ポチッとしていただけると、凄く励みになります(^o^)

 

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ

さとうわきこさんの『ばばばあちゃんの絵本シリーズ』は楽しくて、面白くて、お料理の勉強が出来るので読み聞かせに凄く、おすすめです!!

 

もうすぐ7歳になる長女の大好きな絵本は、いわむら かずおさんの『14ひきのシリーズ』以外にも、まだまだあります。

 

『14ひきのシリーズ』については、こちらで紹介しています。

shihomaru.hatenadiary.jp

 

 

それは…

 

 

ばばばあちゃんの絵本シリーズ

 

 さとう わきこ さく・え

福音館書店 発行

 

 

 

ばばばあちゃんって、どんな人?》

 

いつも元気で明るいばばばあちゃんは、ちょっぴり気が短いけれど、ガッツがあって、とっても行動的です。

そして、何より心優しくて、みんなの人気者(*≧∀≦*)

 

 

 

ばばばあちゃんの絵本シリーズについて》

 

1987年に刊行した一作目『いそがしいよる』を初めとする、月刊絵本「こどものとも」から生まれた楽しい「ばばばあちゃんのおはなし」シリーズや、「かがくのとも」から生まれた愉快な料理の本の数々など、多彩な内容が魅力的なシリーズです。

 

 

 

ばばばあちゃんの絵本シリーズは、どうやって生まれたの?》

 

現在、絵本シリーズとしてお馴染みの、ばばばあちゃんのお話。

 

実は、1977年12月号の月刊誌「母の友」に、「ババばあちゃんのはなし すてきないす」が絵童話として登場したのが一番、最初だそうです!

 

1977年かぁ~、私が生まれる前だ(笑)

 

そう思うと、ほんとロングセラーで沢山の人から愛されている絵本なんだなぁ~、って物凄く実感します(*^^*)

 



 《ばばばあちゃんという名前の由来は?》

 

作者の、さとうわきこさんは名前を考える時に一生懸命考えて、「おばあさん」「ばあちゃん」などいろいろ口で言っていたそうです。

 

そのうちに、ば・ば……となって、「ばばばあちゃん」という名前が浮かんだとか(^^)v

 

さとうさん曰く、「口で唱えて良い感じだと思って付けちゃったから、意図とか意味はないのよ」

 

こんな風にして誕生した、ばばばあちゃん

 

今まで、そんなことも知らずに娘に読んであげていたけれど、これらの誕生秘話を知ってからは、ますます、ばばばあちゃんのことが大好きになりました(*^^*)

 

 

ばばばあちゃんの絵本シリーズの紹介》

 

こどものとも傑作集より、発刊が古い順にご紹介させていただきます。

 

 

いそがしいよる

 

 

ばばばあちゃんの絵本シリーズの、記念すべき第一作目です。

発刊は1987年。

あっ、私、生まれてます(笑)

 

星が綺麗な夜、ばばばあちゃんは家の中にいるのが、もったいなくて、ゆりいすを外に持ち出してお星様を見ていました。

やがて遠くの森からお月さんも出てくるのを見ると、「いっそのこと外で寝てしまおう」と考えました。

そこでベッドと毛布と枕を、それからお茶の道具も、そしてテーブルやレンジ、しまいには家のものを全部持ち出してしまいます。

 

こちらから、購入できます

いそがしいよる (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

あめふり

 

 

 毎日、雨が降り続くのに怒った、ばばばあちゃんは、暖炉やストーブに薪を沢山くべて、こしょうやとうがらし入りの、辛い辛い煙を作ります。

空では、かみなり達がたまらず「ハックショーン!」。

あんまり大きなくしゃみをしたので、雲がちぎれて、かみなりも雲も地上の泥水に落ちてしまいました。

空はすっかり青空に。

ばばばあちゃんは大喜びですが、かみなり達は、しばらく、ばばばあちゃんの家に泊まって、雲の洗濯に大忙しです。

 

せんたくかあちゃんが登場しているところが、笑えます(^^)

 

中身は、こんな感じです

 

 

こちらから、購入できます。

あめふり (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

すいかのたね

 

 

 ばばばあちゃんが、すいかの種を庭にまきました。

それを見たねこが掘り出してしまいますが、ただの種だったので「つまらない」と庭に埋め戻してしまいます。

いぬ、うさぎ、きつね、ばばばあちゃん…みんなが同じことをしたので、とうとうすいかの種は「いいかげんにしろ!」と怒り出します。

そんな種を「大きくおなり!」と、ばばばあちゃんが叱りつけたものだから、さあ大変。

悔しくがって勢いよく育ったすいかが、ぐんぐんつるを伸ばし始めたのです!

 

 

こちらから、購入できます。

すいかのたね (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

よもぎだんご

 

 ばばばあちゃんが、野草の香りいっぱいのよもぎだんご料理を紹介します。

よもぎ、よめな、なずな、せり、のびる、つくし、いたどり…

 

色んな野草か出来て、勉強になります。

 

よもぎを、すりつぶして傷口に塗ると、薬になると、私も昔、祖母から教えてもらいました。

 

 

こちらから、購入できます。

よもぎだんご (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

たいへんなひるね

 

4月だというのに雪が降っています。

外に出てハンモックで昼寝をしようと思っていた、ばばばあちゃんは、雪雲を追い払う計画を立て、森の動物たちを呼び出しました。

みんなに袋を配り、中に「もう春だよー」という大声を詰め込んでもらうと、大声で一杯の袋を花火にして、雷さんに空に打ち上げてもらいました。

空に大声が広がると、暖かい風が吹いてきて……。

 

 

こちらから、購入できます。

たいへんなひるね (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

どろんこおそうじ

 

 ちらかしやの子イヌと子ネコは、ばばばあちゃんに掃除をするように言われましたが、ほうきとぞうきんで野球を始めてしまいます。

すると、ぞうきんの球が森に飛んでいって、ウサギやキツネに当たり、森の動物たちと泥だらけのケンカになってしまいます。

それを見たばばばあちゃん、怒るどころか、一緒に泥んこ遊びをしようとはりきって……。

 

お茶目で、可愛い、ばばばあちゃんが、よく分かる作品ですよ(*^^*)

 

 

こちらから、購入できます。

どろんこおそうじ (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

そりあそび

 

 雪が降る寒い日、ばばばあちゃんがストーブにあたって編み物をしていると、動物たちが寒い寒いと言って、部屋に入ってきました。

ばばばあちゃんは、みんなで温まろうと、ベッドの上でトランポリンを始めますが、ベッドの脚が折れてしまいます。

そこで今度は、ベッドの脚を切ってスキーをつけ、そり遊び。

ばばばあちゃんは真冬も元気に遊んで、その後はとっておきの場所でお昼寝……。

 

この本を読むたびに、「ベッドの上で跳び跳ねたらダメだよねぇ~」と娘と話しています。

あくまで絵本の世界ですから(^_^;)

 

 

こちらから、購入できます。

そりあそび (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

やまのぼり

 

 春、天気も良いし山登りに行こうと、ばばばあちゃんは考えました。

お弁当と水筒とお菓子を持って、リュックを背負って行こうとしたら、森の動物たちが、おもちゃやボールやラッパ、お鍋にお皿、バケツ、毛布、テント……と、大荷物を持って集まってきました。

こんなに、たくさん山まで持っていけません。

考えたあげく、ばばばあちゃんは、家の屋根を山にしてしまおうと……。

 

ばばばあちゃんの素晴らしい創造力が、発揮される作品です。

 

 

こちらから、購入できます。

やまのぼり ばばばあちゃんのおはなし (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

あひるのたまご

 

 ある日、ばばばあちゃんがお腹をかかえて帰っきたのを見て、子イヌと子ネコは病気と思いこみ、森の動物たちに知らせにいきました。

動物たちは、それぞれお見舞いを持って駆けつけます。

すると、そこにアヒルも慌ててやってきました。

ばばばあちゃんは、野原でほったらかしになっていたアヒルの卵を温めていたのです。

やがて卵からヒヨコが生まれ、みんなで誕生パーティーをすることに……。

 

ばばばあちゃんは、本当にみんなから愛されているんだなぁ~、と改めて、ばばばあちゃんの偉大さを感じられる作品です。

 

 

こちらから、購入できます。

あひるのたまご ばばばあちゃんのおはなし (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

ばばばあちゃんの マフラー

 

 冬のある日、ばばばあちゃんは、風邪を引いたお月さんに自分のステキなマフラーをあげる約束をします。

ところが、次々に色んな出来事が起こり、とうとう、そのステキなマフラーはボロボロになってしまいました。

ばばばあちゃんの約束は、どうなってしまったのでしょうか…?

 

 

こちらから、購入できます。

ばばばあちゃんのマフラー (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

ばばばあちゃんの アイスパーティー

 

 ばばばあちゃんと一緒に、冷たい氷のお菓子を作って遊ぶ科学絵本です。

「ようし、わかった」と、ばばばあちゃんが提案したのは、みんなで氷のお菓子を作って、アイス・パーティを開くこと。

凍らせたり、凍らせようとして凍らなかったり、混ざったり混ざらなかったり、そして出来たものが美味しかったり、まずかったり、子供たちは楽しい体験を通して、たくさんのことを学ぶでしょう。

 

 

こちらから、購入できます。

ばばばあちゃんのアイス・パーティ さとうわきこ/作

 

 

 

ばばばあちゃんの おもちつき

 

 

子供たちにせがまれて、ばばばあちゃんのお餅つきが始まりました。

ウスやキネがなくても大丈夫!

ばばばあちゃん流は、どこの台所にもあるボウルとスリコギがあればいいのです。

さあ、これで、元気にぺったんぺったんお餅つきをしましょう。

お供え用の鏡餅ができたら、色んなお菓子をトッピングしたり中に入れたりして、変わり餅や、びっくり餅に挑戦。

子供たちの歓声が聞こえてくる絵本です。

 

 

こちらから、購入できます。

ばばばあちゃんのおもちつき (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

ばばばあちゃんの やきいもたいかい

 

 

秋も深まったある日、子供たちと落ち葉を集め、たき火を始めた、ばばばあちゃんのお目当てはもちろん、焼き芋です。

でも、子供たちに誘われて、サツマイモだけではなく、ジャガイモやらサトイモやら、たき火の中に入れ始めました。

それどころか、ミカンや、カキや、お菓子までも……。

さあ、どんなやきいもパーティになりますか。

 

 

こちらから、購入できます。

ばばばあちゃんのやきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

ばばばあちゃんの むしぱんのまき

 

おもしろいことが大好きで、いつも元気な、ばばばあちゃん

料理だって、なぞなぞをしながらやるのです。

さて、ばばばあちゃんのびっくり料理、今回はむしぱん作りに挑戦です。

ばばばあちゃんが作る「むしぱん」には、ダンゴムシが入っているんです。

本当に食べられるの?

それが食べられるんです。

あっと驚く、ばばばあちゃん特製むしぱん。

さあ、みんなで一緒にむしぱんを作ろう。

ばばばあちゃんの楽しい料理絵本です。

 

 

こちらから、購入できます。

ばばばあちゃんのなぞなぞりょうりえほんむしぱんのまき (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

ことりのうち

 

 春。

ばばばあちゃんは、外で小鳥の声を聞きながら昼寝がしたくなったので、「ことりのうち」をたくさん作って小鳥が来るのを待っていました。

そこへ突然、バタバタと大きな鳥がやってきて、ギャーギャー鳴き叫び始めました。

これでは昼寝もできません。

「どうして、そんなに騒ぐんだい?」と聞くと、何とその鳥はまだ子供で、お母さんを呼んでいたのです。

それを聞いた、ばばばあちゃん、「そうだ!」と名案を思いつきます。

 

 

こちらから、購入できます。

ことりのうち ばばばあちゃんのおはなし (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

ばばばあちゃんの なんでもおこのみやき

 

 冬の寒い日、お腹の空いた、ばばばあちゃんが作ったのは、アツアツのお好み焼き。

匂いにつられてやってきた子供たちが作るのは、小麦粉を溶いてホットプレートで焼き上げるのは同じですが、出来上がりは、それぞれ違った、色々なバリエーションのお好み焼き。 どれも美味しいしそうなものばかりです。

さて、あなたのお好みはどれですか?

 

あ~、お好み焼きが食べたくなってきた(///ω///)

 

 

こちらから、購入できます。

ばばばあちゃんのなんでもおこのみやき (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

うみのおまつり どどんとせ

 

 さあ、みんなで海のお祭りに出かけよう!

今回、ばばばあちゃんと仲間たちは、海岸で眠り込んでしまったクジラを起こしに出かけます。

作者のさとうわきこさんは「海でお祭りをする絵本」というアイデアを、長年あたためてきたそうです。

水族館へ通い、観察を続け、ついにこの、たくさんの海の生き物が歌い踊る、にぎやかで楽しい絵本が出来上がりました!

 

 

こちらから、購入できます。

うみのおまつりどどんとせ (ばばばあちゃんの絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

ばばばあちゃんの クリスマスのかざり

 

 ばばばあちゃんが今回、子供たちと作るのは、クリスマス飾り。

折り紙、段ボール、カラス瓶、発泡スチロールなど、色々なものを再利用して作っていきます。

雪玉をたくさん作って高く積んだり、かき集めた雪を山にして穴を掘ったり、家の外にも素敵な飾りつけができていきます。

何ができるかはお楽しみ。

さあ、完成したものを並べたらパーティーの始まりです。

ばばばあちゃんの楽しい工作絵本です。

 

 

こちらから、購入できます。

ばばばあちゃんのクリスマスかざり (ばばばあちゃんの絵本*かがくのとも絵本) [ さとうわきこ ]

 

 

 

 

ばばばあちゃんグッズを紹介》

 

 

ばばばあちゃんのくいしんぼうカルタ [ さとうわきこ ]

 

購入者の方の話

クリスマスプレゼントに、ばばばあちゃんが大好きな娘に絵本と一緒に贈りました。イラストがとてもかわいいです。かるたとしてはもちろん!絵合わせや坊主めくり遊びもできるので、とても楽しめます。お友達が来た時も、みんなと賑やかに遊んでます。贈って良かったです♪

 

色んな遊び方が出来るのが嬉しいですね(^-^)v

 

 

ばばばあちゃんのぼうけんすごろく ([バラエティ]) [ さとうわきこ ]

 

購入者の方の話

かなり大きなすごろくです。まさに「ぼうけん」している感じ。子供が喜ぶ内容だと思います。駒やさいころ、その他付属品も簡単に収納できるのも良いです。

 

みんなで、わいわいと楽しめそうですね(^-^)v

 

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*´ω`*)

 

 にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ

健康維持には欠かせない、酵素がたっぷり含まれた『バイオ酵素』を飲んで、風邪やインフルエンザの予防はもちろん、翌朝の疲れを吹き飛ばしましょう!

みなさん、GWは、どのように過ごされましたか?

 

旅行、行楽地、イベント…

 

楽しい思い出が、たくさん出来たのではないでしょうか?

 
f:id:shihomaru:20170507080056j:image

 

仕事で、大変だった!という方は、本当にお疲れさまでした(*≧∀≦*)

私達を楽しませて下さり、本当にありがとうございました!!

 

そんな、お疲れさまな、あなた様にも、のちほど朗報をお伝えいたします(^^)v

 

 

 

 我が家のゴールデンウィーク

 

ちなみに我が家は、広島護国神社で行われた泣き相撲に、次女が参加。

みごとに泣きました(笑)

f:id:shihomaru:20170507141709j:image
f:id:shihomaru:20170507141728j:image

広島護国神社HP

https://www.h-gokoku.or.jp/sphone/

 

 

三滝少年自然の家のアスレチックで、長女は思いっきり体を動かしました。

f:id:shihomaru:20170507141749j:image

f:id:shihomaru:20170507141802j:image

 三滝少年自然の家HP

http://www.cf.city.hiroshima.jp/mitaki-c/

 

 

安佐動物公園で、たくさんの動物と触れあいました

f:id:shihomaru:20170507141821j:image

f:id:shihomaru:20170507141833j:image

 安佐動物公園HP

http://www.asazoo.jp/

 

 

本当に楽しい思い出が、た~くさん出来ました(^-^)v

 

しかし、連休中とあって、行くところ行くところ、人だらけ…

 

 

 

 

みなさん、大丈夫ですか~?

 
f:id:shihomaru:20170507075734j:image

 

 疲れが出てないですか?

 

私は…

正直なところ、ちょっと疲れ気味です(-_-;)

 人混みが苦手なもので。

 

でも、お天気が良いと、どこかに出掛けたくてウズウズしてしまう性格なんです(笑)

 

子供達が楽しんでいる姿を見るのは、本当に親として凄く嬉しいですが、年をとるごとに体力が落ちているのを実感します。

 

 

若い頃は、連日のお出かけでも全然、平気だったのに…

 

 

そんな疲れ気味な時こそ、体調を崩しやすいですよね!

 

 

そこで今回、紹介するのが我が家でも大活躍しているサプリメントです!

 

 

《バイオ酵素

 

 

このバイオ酵素、最初に言わせていただきますが、決して洗濯洗剤ではありません!!

 

洗濯洗剤には、よく「バイオ酵素」が含まれていて、とっても汚れが落ちるんですよね。

 

 

『バイオ酵素』は、

 

  • 何だか、疲れたなぁ~
  • 免疫が弱ってるから、風邪を引かないようにしなくちゃ!!

 

という時に、1包飲んでいます。 

 

 

我が家の長女で効果を実感

 

毎月、1度は必ずと言っていいほど、風邪を引いて咳をこじらせていた長女ですが、この『バイオ酵素』を飲むようになってからは、あまり風邪を引かなくなったし、引いても酷く、こじらさなくなりました!

 

毎日、飲ませているわけではなくて、上記のような症状が見られた時に、飲ませています。

 

『バイオ酵素』は、

 

  • 味…ほんのり甘くて、娘も嫌がらずに、というより、とても大好きな味です。
  • 食感…顆粒状になっていて、例えるならばラムネを粉々にしたような感じ。口の中で、サッと溶けます

 

 

 

バイオ酵素って、どんなも?

 

 ちょっと色々と、難しい話が出てきそうですが、バイオ酵素について書かれた、凄く分かりやすいサイトがあるので、ご紹介いたします。

 

私が、くどくどと説明すると、せっかくのバイオ酵素の良さが、上手く伝わらないといけないので…

 

手抜きをしてしまい、大変申し訳ないのですが、こちらをクリックして、ぜひバイオ酵素の良さをお試し下さい(*^^*)

 ↓ ↓ ↓

https://www.shichida.com/lifesp/detail.aspx?sh=303504

 

 

どうですか?

『バイオ酵素』って、本当に素晴らしいですよね!

 

ぜひぜひ、試してみて下さい(*^^*)

 

こちらから、購入できます

 ↓ ↓ ↓

<バイオ酵素スティック> 3g×30袋【送料無料】ニューサイエンス

 

 

飲んでみたら、「あ~、なるほど!おだっちが言っていた、おすすめの意味が分かる」と、きっと納得していただけると思います。

 

 

日頃の健康は食生活が、何より一番大切ですが、体に良いサプリメントを取り入れることで、さらに元気で素晴らしい毎日を送りましょう\(^o^)/

 
f:id:shihomaru:20170507080127j:image